自作機を組み替えました

自作機を組んで4年半以上、Windowsの再インストールから3年半以上と、ちょうど環境を変更するには良さそうなタイミングだったので自作機を組み替えました。
とは言っても組みたいと思っているCPUが発売されるまで半年ほどの期間がありそうなので、つなぎと今後HTPCに流用できるような構成を選びました。

マザーボード:GIGABYTE GA-F2A85XN-WIFI
APU:AMD A10-7850K 3.7GHz / Radeon R7
メモリ:Corsair CMY16GX3M2A2400C11R PC3-19200 8GBx2=16GB

なんとなくAMDで組みたかった、そして今後の構成を見据えたことでSocket AM3+は対象外となりSocket FM2+に。
そして前述のとおりの構想を練っていたのでマザーボードもMini-ITXという形で落ち着きました。
その中で機能などを見ていった結果これに。GIGABYTEは初めてです。
Mini-ITXにしたせいでメモリも買わなければならなくなったので新規購入(メモリスロットが2本しかないので)。
メモリは個人的にCorsair一択です。

インストールして最低限のドライバ入れた状態がこんな感じです。
スクリーンショット 2014-07-01 22.20.16

統合型グラフィックスでこの点数というのはかなりのハイスコアなのではないでしょうか。
部品点数が少ないですし、発熱や消費電力もConfigurable TDP機能を使うことで抑えられますから、Mini-ITXケースに入れてHTPCにするにはいいんじゃないかなあと思った次第です。

現在も普通に使えておりますし、この構成には満足です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする